シングルモルト スコッチウイスキー タリスカー MADE BY THE SEA

18 YEARS タリスカー 18年

2007年に「世界一のシングルモルト」と賞された究極の1本。タリスカー独特のスパイシーさやスモーキーさは熟成によりエレガントなバランスに、そして余韻は何時までも続くかのごとく長く、非常に温かみのある味わいにファンが多い。
完璧なバランスの18年は、オン・ザ・ロックで ゆっくりと。
ソーセージの肉汁とタリスカーは、互いの風味を引き立て合う。
濃厚でスパイシーなカレーの風味を、キリッとしたタリスカーがしめてくれる。

クラッシックモルトシリーズがリリースされてから18年後、満を持してリリースされたのがタリスカー18年です。タリスカー10年はアメリカンオークのリフィル樽で熟成させた原酒を使用していますが、この18年は3割程度、ヨーロピアンオークのリフィル樽(スペインでシェリーの熟成に使用された樽)で熟成させた原酒を使用しています。年間数量限定でリリースした商品は、瞬く間にウイスキーラヴァーの間で評判になりました。

そして翌年の2007年に行われたWorld Whisky Awards(以下WWA)に出品されます。このイベントは1年に1回最高のウイスキーを選ぶため、審査員がブラインドテイスティングを行い、世界1位を決める大会です。158のウイスキーを3回にわたって審査し、最終先行に残ったのはわずかに5本。そして3月初旬にロンドンで行われた最終審査で栄えある1位に輝いたのです。

香り
豊かでフルーティ。ビクトリア・プラム、グリーンゲージ(セイヨウスモモ)、オレンジの皮、バタースコッチあるいはラムトフィー、背景にスモーキーさを感じる。このスモーキーさが次第に前面に出てきて、トフィーの香りに軽いミントの香りが絡んでくる。加水すると、ボートの乾いたワニス、食べられる海藻など、海洋性のキャラクターが頭をもたげてくる。甘さは続き、ヨード、火をつけていないマッチといった香りも立ってくる。
味わい
前面に甘みが広がり、その後、かすかなスモーキーさを伴ったより主張の強い味わいへと変化する。全体的に暖かみのある味。次第にスモーキーさ、タール、トフィーといった味が立ってくる。
フィニッシュ
中くらいの長さのフィニッシュ。特徴的なチリペッパーのような香りが後味の中にかすかに感じられます。
色合い
美しい琥珀色
アルコール度数
45.8

フレーバーマップ FLAVOUR MAP