シングルモルト スコッチウイスキー タリスカー MADE BY THE SEA

スカイ島の自然

タリスカーほどその生まれ故郷の自然をよく体現したウイスキーは他にないといわれています。
タリスカーを嗜むこと、それはタリスカーが生まれるスカイ島の圧倒的な自然や海の力を感じる、
つまり、スカイ島そのものを感じることを意味します。

スカイ島

霧の島と呼ばれるスカイ島

スカイ島はスコットランド北西部に位置し、インナーヘブリティーズ諸島で最大の島です。スカイは空のSkyではなく、「Skye」と綴り、島の名前の由来は、古代ノース語(バイキングの言葉)で「翼の形をした島」にちなんでいるといわれています。
タリスカー蒸留所が立つ場所は北緯57度、札幌市の北緯43度と比べるとかなり北寄りの土地です。しかし、近くを流れるメキシコ湾流の影響で冬でもそれほど気温は下がらず、雪が積もることはまれです。
一方、この影響で天候が非常に変わりやすく、別名「霧の島」と呼ばれるほど濃霧に覆われる日が多いのもスカイ島の特徴のひとつです。
冬場は外海が荒れ、大波が沿岸の荒々しい岩肌に打ちつけます。
この波のように力強い個性を持つタリスカーの味わいは、スカイ島の風土を色濃く表しています。

仕込み水とピート

ミストアイランドの呼び名の通り、スカイ島では頻繁に雨が降っているため、岩石質の地層が、この雨水を絶え間なく海に向かって流し続けます。タリスカーは創業以来、雨水から生まれる湧き水を仕込み水として使用しており、蒸留所に近いホークヒルから取水しています。
また、スカイ島をはじめ、スコットランドの土壌は、ピート層と呼ばれる泥炭層が広がっており、特徴的なスモーキーな味わいは、このピート(泥炭)から生まれます。
タリスカー独自の味わいを特徴づけているのは、まさにスカイ島の自然であるといえるでしょう。