シングルモルト スコッチウイスキー タリスカー MADE BY THE SEA

スペシャルコラムLIFE WITH TALISKER

チャレンジスピリット

ただ、最高のドラム(1杯)のために。スカイ島の厳しい自然に耐え、
タリスカーを作ることは蒸留所にとって大きな挑戦です。唯一無二のシングルモルトを生み出すのは、
ウイスキー職人たちの情熱とチャレンジスピリットに他なりません。

受け継がれるチャレンジ精神

荒れ狂う風雨と波が襲う、過酷なスカイ島の自然。大恐慌、戦争、火災など、創業以来起こった数々の試練。
タリスカー蒸留所は、数多くの逆境を乗り越え、1830年の創業から今日まで常に最高のウイスキー造りにチャレンジしつづけてきました。蒸留所にとって、このスカイ島でタリスカーを造ること、それ自体が挑戦です。ウイスキー造りに携わった、すべての人びとのチャレンジ精神は、現在も脈々と受け継がれています。
造り手であっても、あるいは嗜む側であっても、強い個性を持つタリスカーは、人びとを挑戦へと駆り立てる存在でありたい。
タリスカーは、常に挑戦し続ける人たちを応援しています。

Talisker Whisky Atlantic Challenge

人間は何故自ら危険と苦悩の世界に身を投じるのでしょうか。きっかけは1966年、世界初の1人乗りヨットでの世界一周を達成したサー・チャイ・ブライズに寄せられた1つのアイディアでした。
「手漕ぎボートだけで大西洋を横断するチャレンジ」
彼はジョン・リッジウェイと共に公園にあるような手漕ぎボートで海に飛び出し、92日間をかけて横断に成功します。それはハリケーンや50フィートもの高波、そして飢餓との戦いでした。これが現在も続く、タリスカー・アトランティック・チャレンジの始まりです。
この手漕ぎボートレースは、スペイン領 カナリア諸島のラ・ゴメラ島 から、ドミニカに近いイギリス領アンティグア島までの約3000海里以上(約5,500km)の距離を争う過酷なレースです。
世界各国からチャレンジャーが集まり、そのタイムを競います。チャレンジャーはマメがつぶれて手の皮が破れ、海水をかぶるために皮膚が荒れ、高波やサメの恐怖、そして睡眠不足や疲労との戦い続けます。
この限界へのチャレンジをタリスカーはサポートしています。

タリスカーとはABOUT US

タリスカーをもっと楽しむコラムLIFE WITH TALISKER